【フランス音楽留学】

【日本とフランスの違い】

投稿日:2017年5月8日 更新日:

こんにちは。フルート奏者の町井亜衣です。



 

海外生活がながかったので、
日本と海外の違いをよく聞かれます。

いくつかの違いを書いてみたいと思います。

学校の清掃を学生はしない。

長年いたフランスで、
そしてこれはフランスに限った事でもなく
欧米全体そうかな?と思うのですが
学校の清掃を、
学生は日常的にはしません。



日本の学校は、毎日帰る前に
清掃をすると思います。

 

あちらの学校は、
清掃をしてくれる清掃員がいます。


 

メリットとデメリット

私は、どちらもメリットがあるなと
思いました。

 

◼︎自分で自分の身の回りを片付ける
習慣を身につけること。


◼︎清掃員という雇用を生み出している事。


家を片付けられない人が日本人は多い・・・!

けれど、あんなに掃除習慣をと
行動している日本では
片付けられないお部屋を
お持ちの方も多くいるようですね。

 

しかしながら、ヨーロッパで、
片付けられない『汚部屋』というのは
極めて少ない気がします。



もちろん、私の知る範囲でですが。

 

習慣の違い

欧米は、自宅に人を招く習慣があるので
外で人に会う日本人と比べて
意識して片付けているのかな?と
理解していました。

 

 

それに、日本の
「もったいない」という風習が
そうさせているのかもしれませんね?

 

 

何事も一長一短で
どっちがどうとかいう事でもないし
そうなるには時代背景も文化もあるので
良い悪いではないのです。

 

 

けれど、こんな事でも、
捉え方を変えるだけで
観る角度を変えるだけで
見えてくる事が変わるんだなと
話にオチはないわけですが、
思っていました。


違いは、立体的に捉えることが大切

何事も、平面ではなく
立体的に捉えて見つめてみる。

 

そういうところも、
自宅に家政婦さんを呼ぶ習慣の
有る無しにも繋がるのかもしれませんし、
育児の捉え方にも
繋がるのかもしれません

 

*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*

●町井亜衣音楽レター
◆期間限定で「町井亜衣音楽レター」ご登録の方に、演奏音源2曲プレゼント中!◆


*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*

 

フルーティスト
ミセスジャパン2017日本大会ファイナリスト

町井亜衣

-【フランス音楽留学】

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フランス音楽留学記 04-05年度の思い出

こんにちは。フルート奏者の町井亜衣です。 私は、2004年に東京音大を卒業して、6月に1人でデビューリサイタルを行い、そののち、7月15日にフランス・パリへ渡りました。 フルートで、音楽留学をするため …

フルートでフランス音楽留学が実現できた1つの理由

人生が加速する時、その時には必ず『出会う人』の変化が起きます。 素敵な出会いがあったから変化が起こるのか、変化を起こすために動いているから素敵な出会いがあるのか、どっちが先かはわからないけれど。 ただ …

【フランス語と英語とイタリア語】

こんにちは。フルート奏者の町井亜衣です。     町井亜衣は日本語以外に 3言語話すことができます。   フランスには6年半住んでいたので フランス語は話せますし、 スイ …

【『フランスのことが知りたいです!』】

こんにちは。フルート奏者の町井亜衣です。       パリに6年半住み、スイスに2年半いて、 トータル約9年、20代のほとんどを ヨーロッパで過ごしました。   …

町井亜衣 プロフィール

町井亜衣 プロフィール
ProfileAi
国内外のコンクール受賞歴を多数持つ実力派フルーティスト。マリオ・カローリ氏は、“亜衣は、新時代の中で最も繊細で洗練されたフルーティストで、正真正銘の音楽家だ“と賞賛している。...続きを読む

アーカイブ