【ライフスタイル】

【卒業なのか、逃げなのか。】

投稿日:2017年9月20日 更新日:

こんにちは。フルート奏者の町井亜衣です。



 

『今の仕事を辞めようかと思っているけど…
これって逃げなんじゃないのかって悩むんです』

こんなお悩みを、立て続けに聞きました。

私は「卒業」してきた

わたし自身は、自分の変革期に
それが逃げなのではないかと迷ったこと自体は
非常に少ないのかもしれません。



医大に行きたかったはずなのに、
音大に行く!と決めた時にも、
担任の先生に「医大は諦めるんだな」と言われて
「諦めるんじゃありません、
やりたいことが変わったんです」
と、ハッキリ言いました。

「17歳の女子高生が1年半で音大に現役合格してプロの演奏家になりました。」



 

日本の大学にいるのが
ものすごく生きづらく感じていた頃
に留学のことを具体的にしていきましたが、

もともと留学はしたかったから、
しかるべき時がきた、という感覚で
完全に卒業でした。



パリからルガーノへ行く時も、
「今の私にできることはここでやり切った」という
感覚はしっかりあって、
次のステージへ進みたい欲求が強くなっていました。

卒業なのか、逃げなのか

結局、「逃げ」なのか「卒業」なのかは、
その人自身の物事の切り取り方でしかなく、
事実はどちらでもないのだと思います。

 

そして、例えそれがもしも
周りから「逃げだ」と言われたとしても、
その決断と行動に自分自身が後悔せず
次のステージに進んでいけるのなら
それは「卒業」であり、「ステップアップ」なのだと。

 

私はきっと、
日本の大学からそのまま大学院に行っても、
ルガーノに行かずにパリに留まっても、
それはそれで素敵な経験をしていたと思います。



 

後悔することはない。

けれど、わたしはその選択を全く後悔していない。
だって、あの時決断して行動したからこそ
今のわたしがここにいて、
出会えた人たちがいるから。

 

違う選択をすれば違う未来がある。
あの時こうしておけば…と思うことにもしもなっても、
今心が感じる方に進むことが、
今必要なことで、
それなら後悔するということも必要な経験なのだと思うのです。



それで損をするか、得をするかで選ぶのではなく
心が進む方向へ。
どんなにメリットで固めても、結局は
心が動く方にしか人間生きていけないと思うのです。

 

 

*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*

●町井亜衣音楽レター
◆期間限定で「町井亜衣音楽レター」ご登録の方に、演奏音源2曲プレゼント中!◆


*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*


 

フルーティスト

町井亜衣


-【ライフスタイル】

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【時代は変わった。】

こんにちは。フルート奏者の町井亜衣です。   先日、なんとかの有名な 大前研一さんの公演を聞かせて頂く機会に 恵まれました。   彼が言っていたビジネスのビジョンの話、 これからの …

【子供支援・熊本震災復興支援 チャリティーコンサート@東京 2/2】

こんにちは。フルート奏者の町井亜衣です。       東京では2月2日に開催いたします。 https://www.facebook.com/events/34448282 …

【素敵な時間を】

こんにちは。フルート奏者の町井亜衣です。       久しぶりにゆっくりの時間を クライアント様からプレゼントしていただきました✨   『宝箱』   …

【1本の傘。感謝の雨 -結婚式を挙げました-】

こんにちは。フルート奏者の町井亜衣です。         先日、結婚式を挙げました。 今日は、両親の話から書きたいと思います。     式当 …

【結果が早く出る人の共通点】

こんにちは。フルート奏者の町井亜衣です。     ブランディングのクライアント様であっても フルートの生徒さんであっても どちらにも共通することですが 『結果が出るまでのスピードが …

町井亜衣 プロフィール

ProfileAi
国内外のコンクール受賞歴を多数持つ実力派フルーティスト。マリオ・カローリ氏は、“亜衣は、新時代の中で最も繊細で洗練されたフルーティストで、正真正銘の音楽家だ“と賞賛している。...続きを読む

アーカイブ