├フルート・音楽  ├ライフスタイル

【フルートでプロを目指したのは17歳の時】

投稿日:

町井亜衣が、フルーティストとして
ホームページで公開している
プロフィールを読んで頂いた方から
よく言われることがあります。
↓ プロフィール ↓
https://aimachii.com/profile/



 

 

『小さな頃から音楽をされていたのですか?』
『ご両親のどちらかが音楽家ですか?』

 

クラシック音楽の業界のイメージもあるのだと思います。
子供の頃から英才教育を受けないと
プロにはなれないイメージ?

 

確かに、英才教育を受けている方が
有利な点はあると思いますが…。

 

 

 

実は、私がプロを目指したのは17歳の時。
高校2年生からなのです。
父は経営者で、母は元医療関係者。
まったく音楽家家系でもありません。

 

 

それまで私は通訳家になりたかったり、
デザイナーになりたかったり、
医者になりたかったりしました。
全く別の夢を追いかけていました。

 

 

 

それが、ふとした事でフルートをやる事になり
そこから習い事としてレッスンに通い始めたのが高校1年生の時。

 

そして2年の頃には
音楽の事しか考えられなくなって、
音大を目指し始めました。

 

 

 

実は、かなり無謀な選択で
先生にも絶句されました。
あまりにも遅いスタートだったからです。

普通は小学生や中学生の頃から
レッスンに通っている子が目指すものですから。。。

 

 

 

でも私は諦められなくて
前に突き進む選択をしました。
結果的に音大に入る事ができました。

入ってからも毎日ががむしゃらで、
フルートでトップで卒業する事ができました。

 

それからフランスへ渡り、
また揉まれて踏まれていくのですが…。

 

 

 

『普通』ってなんなの?
大多数がそうだったからといって
一個人が全て当てはまるわけないのに
そういった枠に囚われることが
私の中ではナンセンスでした。

 

人生、『今日』が一番若い日。
何かを始めるのに『遅い』なんてない。

 

「もう私には遅いから」と諦める方も多いけど
本当にそれで後悔しませんか?
どうせ後悔するなら、
やらずにする後悔よりも
やってからの後悔の方がいいと思うんです。

 

 

 

『町井さんは才能があったんですよ!
そうでなきゃ17歳から始めて
そんなに出来ないですよ!』
そう言っていただくことも多いです。

 

 

 

でも、私自身が17歳のその当時、
自分にそんな才能があると
確信があったわけでもないし
先生から押してもらったわけでもなかったんです。

 

あったのは、私の中にある
『これがしたい』
その気持ちだけ。

 

 

 

できるかできないかで言ったら
できない要素の方が多い状態でした。

 

 

 

私が私に対して嘘をつかなかっただけなのだと思います。

 

たくさんの試練があったし、
たくさん泣いたし
うまくいかないこともあったけど
たくさんの幸せも喜びもありました。

 

私は、
「人生に『もう遅い』なんてない!」
ということを伝えていきたいと思っています。
これがきっと、私のお役目のひとつ。

 

 

 

*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*

アマゾンランキング6部門1位!

■「17歳の女子高生が1年半で音大に現役合格してプロの演奏家になりました。」

 

 

フルーティスト・女性支援事業家
ミセスジャパン2017 日本大会ファイナリスト

町井亜衣

- ├フルート・音楽,  ├ライフスタイル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【グローバル化へ!!白板はむずかしい…!】

普段のティーセミナーでは ラウンジを使っていることもあって 白板は使っていませんが、 クローズドのセミナーでは 白板を使うことがあります✨     白板に字を書くって難しい&#x1 …

《残1名様》【前に進むその方法って?】

私 町井亜衣が日本や海外で経験してきたことを 色々お話しさせていただくと   『どうやって壁を乗り越えたの?』 『どうしてそれだけ前に突き進めたの?』   そんなニュアンスのことを …

【どうせなにかやる。】

人間は生きていたら、 嫌でも何かをすることになる。     どうせ何かをするのなら、 おもいっきり楽しんでやってみる。 時間を使い労力を使う中で どうせなら楽しんだ方がいいし、 楽 …

【ひょんなところで役に立つ能力】

ブランディングのクライアントさんが 新しい商品名を考える事になり フランス語でつけたいとの事で こんなところでもお役に立てる事になりました。   実は、フランス語を訳したり通訳したり歴は 結 …

【ステージが上がる時】

自分のステージがワンランクもツーランクも 上に上がる時 フローに乗る前に訪れる 傾向というものがある気がします。     私の場合だと、ちょっと疲れやすくて キモチとカラダがチグハ …

町井亜衣 プロフィール

ProfileAi
国内外のコンクール受賞歴を多数持つ実力派フルーティスト。マリオ・カローリ氏は、“亜衣は、新時代の中で最も繊細で洗練されたフルーティストで、正真正銘の音楽家だ“と賞賛している。...続きを読む

カテゴリー

Top